事業内容

募集情報

山口県の天気

新着情報 イベント・お知らせ 募集情報 新施設建設のためのご寄付のお願い

記事がありません

じねんじょ新施設建設のためのご寄附のお願い

 社会福祉法人じねんじょは、重い障害がある人の地域生活支援の場を開設するため、ご家族や支援者をはじめ多くの皆様のご支援を頂き、2004年4月に設立しました。開設当時は、知的障害者通所更生施設、重症心身障害児( 者) 通園A型事業、心身障害児( 者) デイケア事業デイケアハウス( 県単独事業) を運営する社会福祉法人でしたが、現在、生活介護、児童発達支援( 重症児) 、居宅訪問型児童発達支援、放課後等デイサービス( 重症児型) 、ヘルパーステーション、相談支援事業を運営し、通所利用者97名を職員65名が支援を行う法人に成長しております。

 近年、新生児医療や在宅医療の進歩により胃瘻や経管栄養、在宅酸素・吸引・気管切開などの医療的ケアを受けながら在宅で暮す人が増えています。また、新たな福祉分野の法律の制定や福祉サービスの改定、事業所の増加、雇用の状況等の変化もあり、当法人が地域の中で求められる役割も変化してきています。このような状況を検討し新施設の建設の準備を進めて参りました。

 昨年、現施設と道路を隔てた旧西京銀行跡地を購入し、2021年春の開設を目ざした作業に着手しております。この新施設は、主に、総合支援学校高等部卒業後の子ども達の受け皿を増やすことを目ざした施設です。重症心身障害者も含め、重症心身障害者に該当しない肢体不自由がある方にもご利用いただく方針とし、新しい日中活動を展開していきたいと考えております。

 建設には、購入済みの土地代約4千万円の他に、建設費と設備費に約1億3千万円の費用が必要です。建設に係る費用は行政からの補助金はいただけないため当法人が準備をする必要があります。新施設建設のために準備してきた資金がありますが、今後の法人の安定した運営のためには、借り入れをできるだけ少なくする必要があります。経済的に厳しい状況のなかではありますが、多くの皆様にご支援をお願いし来年4月の開設を実現したいと思っております。

 どうぞこのような事情をご賢察下さり、皆様からの温かいご支援、ご協力を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

令和2年9月吉日
社会福祉法人じねんじょ
理事長    金原洋治
業務執行理事 石塚忠志

寄附金募集要項

◦建設費及び設備整備費に係る総事業費額
・約1億3千万円

◦目標額
・1千5百万円

◦使途
・生活介護事業所の新施設建設費及び設備整備費に充当させて頂きます。

◦募集期間
・令和3年3月31日まで(開所予定:令和3年4月1日)

◦寄附金一口金額
・一口金額の定めはございません。
・金額の多寡にかかわらず、ご寄附いただけると幸いです。

◦お申込方法及びお支払方法
・ゆうちょ銀行
  (加入者名:社会福祉法人じねんじょ
        口座記号1310ー6口座番号111356)
・山口銀行(綾羅木支店179普通預金口座番号6152168)
・西京銀行(幡生支店054普通預金口座番号0044556)
※銀行口座名義:社会福祉法人じねんじょ 理事長 金原洋治
  (しゃかいふくしほうじんじねんじょ りじちょう かねはらようじ)

◦寄附金に対する税制上の優遇措置
 個人・法人が、社会福祉法人へ寄附金を支出した場合、確定申告の際に、以下の計算による金額を寄附者の「総所得金額」から「寄附金控除」として、課税所得から控除できます。
 当該年間に支出した寄附金の額❘二千円=寄附金控除額
 (総所得金額の40%が上限)※所得税法第78条第2項第2号

◦その他
 皆さまの個人情報につきましては、法令どおり厳正に取扱い、寄附金業務以外には使用いたしません。

◦問い合わせ先:
 社会福祉法人じねんじょ事務局(石塚・松本)
 〒751ー0832
 下関市生野町二丁目28番20号
 TEL(083)252ー2227
 FAX(083)252ー2259
 E‐メール:jinenjo@jinenjo.or.jp

過去の新着情報は、こちらから

kagayaki

金原理事長
社会福祉法人じねんじょ理事長
かねはら小児科医院長
金原 洋治
地域と共に生き、地域と共に在りたい

 

重症心身障がい児(者)と言われる方たちと共に在って、その人たち一人一人の命の輝きを守り・育み、大地に根を張って生きていただくため、また、その方たちやその家族の「重い障がいがあっても住み慣れた地域の中で暮らしたい」という願いを実現していくために、地域の中にあり医療との密接な連携のある施設づくりを目指しました。

 

重症心身障がい児(者)は、歩くこともできないし、話すこともできない、何もわからない人達のように思われていますが、この人たちに出会うことにより豊かな感性がその人たちの中心にあることに気づかされます。また、この人たちとの交流を通じて、命の大切さや自分が生きていくことの意味を発見できると思っています。

地域の方々の交流を大切にし、メンバーの方々と触れ合っていただけるセンターに育てていきたいと願っています。

みんなつながっている
これは、じねんじょのロゴマークです。
障がいのあるなしにかかわらず、
全ての人がつながって
一緒に生きていることを表しています。

センター体制
情報公開
スヌーズレンとは
お問合せ
つながる募金