募集情報

山口県の天気

重症心身障害者地域生活支援センター

理念

  • メンバー、一人一人の人格を尊重し、
    人権を保障しその人らしさを大切にした支援を行うこと。
  • 利用者が、安全で安心できる場であること。
  • 地域の人達と積極的に交流し、地域に根ざした日々の活動を行うこと。

施設沿革

じねんじょの歩み

平成10年4月 デイケアハウスきのみ開設
平成12年4月

「重症心身障害者を守る会 フロレスタ」設立(親の会)

平成13年6月 重症心身障害者地域生活支援センター
 設立準備委員会発足
平成15年6月 社会福祉法人じねんじょ法人認可
平成16年4月

重症心身障害者地域生活支援センター
 「じねんじょ」開設
 ・知的障害者通所更生施設「じねんじょ」
 ・重症心身障害児(者)通園事業A型「むく」
 ・下関市心身障害児(者)デイケア事業「デイケアハウスむかご」

平成17年9月 「だいち」(知的障害者短期入所事業※日帰りショート)開設
平成18年9月 「だいち」事業廃止
平成19年4月

「生活介護サービス事業所じねんじょ」事業開始
※障害者自立支援法にて知的障害者通所更生施設
  「じねんじょ」から事業移行

平成22年5月 「分場だいち」開設(生活介護サービス事業所じねんじょ分場)
平成23年3月 下関市心身障害児(者)デイケア事業「デイケアハウスむかご」閉所
平成24年4月

「ヘルパーステーションふわり」開設
「生活介護サービス事業所じねんじょ」定員20名から30名に変更
児童多機能型事業所「むく」事業開始
 ・児童発達支援(むくっこ) 
 ・放課後等デイサービス(むく)
 ※重症心身障害児(者)通園事業から事業移行

平成24年8月

「むくっこ」単独事業所に事業変更 
「むく」(児童多機能型事業所「むく」から名称変更)

平成28年6月 相談支援事業所じねんじょ事業開始

体制

jigyou taisei

life shien

 

利用状況

hyou riyou2015

施設フロアーガイド

floor map

情報公開

この度、下記内容の情報を公開いたしました。
 下記リンクをクリックのうえ、ご覧ください。

 

【平成30年度】

 

【平成29年度】

 

【平成28年度】

 

【平成27年度】

 

【平成26年度】

 

【平成25年度】

 

【平成24年度】

 

生活介護サービス事業所 「じねんじょ」

2015shisetu title障がい者自立支援法に基づき障がい福祉サービス事業で日中活動をする事業所です。
主な障がい種別は重症心身障がい者で18歳以上の方を対象としています。
定員は、本体の「じねんじょ」が20名、「分場だいち」が10名の合計30名です。

常時介護が必要な障がい程度区分3以上である方に、身体能力、日常生活の維持・向上を目的として、食事・排泄等の介護、日常生活上の支援や創作的活動の機会を提供いいたします。

「むく」 (放課後等デイサービス事業)

むく

 児童福祉法改正に伴い重症心身障害児(者)通園事業から移行した事業です。
学校通学中(6歳から18歳の年度末まで)の障害児を対象とし、定員は5名です。 
放課後や長期休暇中において、余暇時間の過ごし方や生活する力を養うために必要な支援を行います。
 また地域へ出かけて社会との交流ができるように支援します。

<日中利用 スケジュール>

9時
登園(健康チェック)
9時半
朝の会・午前活動
12時半
昼食・休憩
13時半
午後活動
15時
降園

<放課後利用 スケジュール>

15時
登園(健康チェック)
15時半
はじまりの会・活動
17時
降園

※学校までは送迎バスでお迎えにうかがいます。

目標

  • 余暇時間の過ごし方や生活する力を養うために必要なサポートをします
  • 家庭、学校と情報を密にし、子どもさんの生活リズムづくりをサポートします
  • 地域の児童福祉サービス提供事業者と連携して、子どもさんを中心とした
    ネットワークづくりをします

利用料 1回あたり

基本単価

放課後利用
1,329円
長期休暇土曜日利用
1,608円
管理者加算
410円

※月ごとの利用者負担には
 上限があります

活動内容

  • 余暇(外出・スヌーズレン・大型遊具・絵本など)
  • 地域交流
    (近隣の買い物・地域の方をお招きした活動など)
  • 季節の行事     など
 

対象者 :主として重症心身障害児 (学童6~18歳)
※重症心身障害児であるという意見書が必要になります。
利用曜日:月~土 放課後利用  月~金 15時~17時
長期休暇・土曜日利用 月~土 9時~15時

利用にあたっては、下関市こども育成課に申請書類の提出が必要です。
詳しくは担当までお問い合わせください。

むく TEL: 083-252-2227 管理者: 杉村

「むくっこ」 (児童発達支援事業)

むくっこ

 児童福祉法改正に伴い重症心身障害児(者)通園事業から移行した事業です。就学前のお子さん(6歳の就学前まで)を対象とし、定員は5名です。
 生活のリズムづくり、感覚等に働きかける活動を通して、身体と心の成長を支援します。併せて保護者等に家庭における療育のしかたや地域の行政、医療、福祉、教育などと連携してネットワークづくりをします。

<母子通園 スケジュール>

9時
登園(健康チェック)
9時半
朝の会・活動
11時半
昼食・弁当/給食
13時
個別活動
14時
帰りの会、降園

<単独通園 スケジュール>

10時
登園(健康チェック)
10時半
朝の会・午前活動
12時半
昼食・給食
13時半
休憩
14時
帰りの会、 降園

目標

  • 保護者と子どもの関係づくりをサポートします
  • 生活のリズムづくりをサポートします
  • 感覚に働きかける活動を通して、身体と心の成長をサポートします
  • 保護者の仲間づくりをサポートします
  • 地域の児童福祉サービス提供事業者と連携して、子どもさんを中心としたネットワークづくりをします

利用料 1回あたり

基本単価
1,608円
管理者加算
410円

※月ごとの利用者負担には
 上限があります

活動内容

  • 感覚あそび
    (音楽・クッキング・制作・スヌーズレンなど)
  • 運動
  • 季節の行事
  • 外出(季節の外出・地域資源を利用した外出)
 

対象者 :重症心身障害児(未就学0~6歳)

<利用曜日・方法>

0~3才児
月・木 10時~14時
母子通園
4~6才児
火・水・金
水 :母子通園
火・金:単独通園

利用にあたっては、下関市こども育成課に申請書類の提出が必要です。
詳しくは担当までお問い合わせください。

むくっこ TEL: 083-252-2227 管理者: 石塚

「ヘルパーステーション ふわり」

ふわり
日常生活を営むのに支障がある障害者等に指定居宅介護の提供にあたる従業者(ホームヘルパー)を派遣し、居宅においての入浴、排せつ又は食事の介護その他厚生労働省令で定める内容を適切に提供します。
その中で、ご本人の有する能力に応じて可能な限り自立した日常生活を営むことが出来るようお手伝いします。
また、メンバーそれぞれの年齢に応じた社会参加が実現するよう、様々な体験を通して自己選択・自己決定が出来るようお手伝いします。

計画相談支援・障がい児相談支援

障がい福祉サービスの利用を希望する方は、利用申請の後、相談支援専門員に「サービス等利用計画案または障がい児支援利用計画案」を作成してもらうことが必要です。

「サービス等利用計画・障がい児支援利用計画」とは…

ご本人さんの願いを中心に、生活や支援の全体像を示したもので、障がい福祉サービス等の必要性を見立てたものです。
サービス等利用計画案または障がい児支援利用計画案作成にかかる費用は無料です。

○サービス利用までの流れ…

  1. まず相談支援専門員が、ご本人さんやご家族と面談をして、心身の状況や環境、どのようにサービスを利用したいか、その他の事情を聴き取りさせていただき、利用する障がい福祉サービス等の内容を記載した「サービス等利用計画案または障がい児支援利用計画案」を作成します。
  2. 「サービス等利用計画または障がい児支援利用計画案」を下関市に提出します。
    下関市は、提出された計画案や考慮すべき事項を踏まえて、支給決定します。
  3. 支給決定後、相談支援専門員は関係機関や施設に呼びかけて「サービス担当者会議」を開催します。
  4. サービス事業者等との連絡調整を行い、実際に利用する「サービス等利用計画または障がい児支援利用計画」を作成します。
  5. サービス利用が開始されます。

○サービスの利用が始まった後…

 サービス利用計画が適切であるかどうかについて、一定期間ごとに、利用状況を確認します。この期間は下関市が個別に決定します。
利用状況の確認の結果、ご本人さんの心身の状況や環境、サービスの利用に関する意向などを確認し、サービス等利用計画または障がい児支援利用計画の見直しを行います。必要によってサービス等利用計画または障がい児支援利用計画を変更し、関係者との連絡調整を行います。